出会い系で知り合った女と実際に会ってセックスするまでの流れ
このページを見ているということは、君もまだ出会い系を使ってセックスできていない男の一人なのだろう。
 

今では「出会い系セックスマスター」と呼ばれるようになった管理人も、昔は君と同じで出会い系で全くセックスなんて出来なかった。

 

それでも諦めずに試行錯誤し続けること10年。今ではこうしてセフレを作る方法を指南するサイトの管理人をしている。
 

ここでは管理人が出会い系を使い続け10年間で見出した、出会い系を使ってセックスするまでの流れを体系化して紹介している。

 

このサイトを見てくれている君の力に少しでもなれたら幸いだ。

 

 

絶対に外さないデートの誘い方

絶対に外さないデートの誘い方
出会い系サイトに登録し、数多の女にアプローチをかけ、やっとの思いでメッセージのやり取りまで漕ぎ着けた。
 

しかし、一度もデートをしたことがない。
 
 

もしくは、デートの誘いを断られてしまう。

 

そんな残念なパターンを何度も繰り返している男性諸君に朗報だ。
 

ここでは「出会い系セックスマスター」である管理人の秘伝のデートお誘いテクニックを伝授しよう。

 

映画やお出かけデートの提案はNG

映画やお出かけデートの提案はNG
先ほどのように、なかなかデートまで辿りけない男の特徴としてあげられるのが、
 

映画やディズニーランドなどのお出かけデートを提案してしまうという点だ。

 

冷静に考えてみて欲しい。
 

見ず知らずの出会い系で知り合った相手と初デートで映画やディズニーランドに行って、
 

長時間一緒に過ごして楽しめるだろうか?

 

答えは間違いなくNOだ。これは男女共に同じ結論である。
 

私たち男性陣からすると、あくまでもゴールはセックスをすること。
 

あわよくば継続的にセックスできるセフレを作ることだ。

 

それにも関わらず、映画やディズニーランドなどお出かけデートを提案してしまうと、
 

セックスというゴールまでの道のりが恐ろしいほど遠く、
 

セックスまで持っていくまでにとんでもなく相手の女に気を使うことになるだろう。

 

誘われる女性陣としても、初対面の男と長時間のデートとなると何を話ていいかわからないし、
 

ただただ気を遣って疲れることが目に見えているので誘われても迷惑な話だ。

 

デートに誘う男性諸君には必ず覚えておいて欲しいのが、
 
 

女は自分が損をするデートには絶対にいかない。
 
 

逆に言うと、行ったら得をすると思われるようなデートのお誘いをするのが鉄則だ。

 

まずは好きな食べ物を聞け

まずは好きな食べ物を聞け
まずは「相手の立場で考えてデートの提案をする」必要があることはご理解頂けただろうか?
 

次に「デートに誘われる女が行ったら得だと感じるデート」とは何か考えてみて欲しい。
 

勘の良い人ならお気づきのことだろう。
 

答えは、食事デートだ。

 

観たくもない映画を観たり、丸一日気まずい思いをしながらお出かけデートをするのは、
 

正直なところ女からしたらデメリットしかない。

 

しかし、食事デートならどうだろう?
 

たとえ話が合わなかったり、思ったより会話が盛り上がらなかったりしたとしても、
 

「最悪好きなものや美味しいものを食べられるならいいかなー」
 

「どうせ男の奢りだし、タダなら自分は損しないから行ってみよう」
 

以上のように、女の思考は損得勘定で動いているため他のデートの誘いに比べ、
 

食事デートの誘いはOKされやすいと言える。
 

まずは女の好きな食べ物をリサーチして、どんな誘いならOKされるか考えてみてくれ。

 

ググって良さげな店を提案しろ!

まずは好きな食べ物を聞け
メッセージのやりとりの中で好きな食べ物をリサーチしたら、
 

次は相手の好きな食べ物が食べられるお店をググれ。

 

ここでのポイントは、メッセージのやりとりの中で今まで行ったことがあるお店を聞き出し、
 

なるべく行ったことのないお店を探しだすこと。
今までに相手の女が行ったことがあるお店よりもワンランク高ければなお良いだろう。

 

あとは簡単。
 

相手の女に「〜ってお店美味しいらしいよ」とメッセージを送り、
 

「それ気になってたところ」「行ってみたい」など食いついてきたら
 

よかったらご馳走するから一緒に行こうと誘うだけ。
 

(*実際に奢る必要はない)
 

ここまでにメッセージのやりとりで信用を築けていれば簡単にOKされるはずなので試してみてくれ。

 

デートのお店選びで外せない3つのポイント

デートのお店選びで外せない3つのポイント
無事デートの約束を取り付けたからといって安心するのはまだ早い。
 

あくまでも君の目指すゴールはデートではなくセックスなのだ。
ここでは食事デートを存分に楽しみながらもセックスまで持っていくために、絶対に外せないお店選びの3つのポイントを紹介しよう。

 

相手の好きな食べ物のお店

これはデートを取り付ける際にリサーチしているはずだ。
 

相手の女の好きなものを食べられるお店を選ぶことはデートの最低条件なので、
 

間違っても「予約が取れなかったから」といってリサーチした食べ物と違うお店を選ぶようなことはしないでほしい。

 

それだけで相手の女のテンションが下がってしまうし、最悪の場合ドタキャンされてしまうこともあるので気をつけろ。

 

L字の個室

食事デートのお店選びで抑えてほしい2つ目のポイントが、席の形式だ。
 

理想はL字型の個室がベスト。

 

もちろんこれにも理由がある。
 

誰しも経験があると思うが、対面で座ると向かい合わせになってしまうので緊張する。
 

ずっと見つめるのは変だし、かといって視線を合わせないとコミュ障に思われかねない。
 

横並びのカウンター席でも悪くはないが、テーブルの下で足を絡ませたり
 

ディープなボディータッチがしやすいのはL字型の席だ。

 

もちろん絶対にL字でなければならない訳ではないが、
 

本気で結果にコミットしたいのであればL字型の個室を選ぶのがベストだろう。

 

ラブホor自宅の近く

デートでのお店選びで忘れてしまいがちなのが、
 

選んだお店が、セックスまでスムーズに持っていける場所かどうかという点だ。

 

何度も口を酸っぱくして言うが、あくまで本来の目的は食事ではなくセックスである。
 

セックスというゴールに一番近い道のりを考えてデートプランを練るのが、
 

結果を出せる(セックスできる)男の特徴なのだ。

 

良さそうなお店を見つけたら近くにラブホがあるか、もしくはタクシーで自宅まで連れ込める範囲なのかを必ずチェックしてくれ。

 

会ってからの流れ

会ってからの流れ
当たり前のことだが、実際に会えるところまで来たということは相手の女の圏内に自分がいるということだ。
 

まずはデートまで漕ぎ着けたことに自信を持ってほしい。
 

しかし、あくまでもまだスタートであってゴールまでの道のりはまだまだある。
 

ここでは、女の心と股を開かせるまでのスタートからゴールまでの道のりを順を追って説明していこう。

 

レベル1 趣味の話

まずは最初が肝心だ。
 

メッセージのやりとりの際に盛り上がった趣味の話などから初めて様子を見よう。

 

最初はお互い緊張しているので、無理に話題を考えたりするよりも、メッセージのやりとりの内容を再確認するようなライトな話題がベストだ。
 

徐々に自然に話せるようになって来たら次のレベルに移ろう。

 

レベル2 恋愛トーク

趣味の話などで盛り上がり打ち解けたら話題を恋愛にシフトしていこう。
 

もちろん最初からグイグイ質問攻めするのはNGだ!

 

まずは自分からどれくらいの期間彼女がいないか打ち明けながら相手に同じ質問を投げかけてみてほしい。
 

相手の返事が返って来たら、そこから徐々にこれまでの恋愛遍歴を聞く。
 

相手の女の話には何も余計な意見は言わずに、ただただ頷いてあげるだけでいい。

 

そうすれば次第に女の方からべらべらと自分のことを喋り出すだろう。
 

こうして女の心をオープンにするのがこのレベルでの目的だ。

 

レベル3 下ネタ

恋愛トークで女を気持ちよく喋らせたら、次は下ネタにシフトしていく。
 

あくまで自然な会話の流れから好きなタイプの話を振り、徐々に何フェチなのか、SなのかMなのかなど性癖を聞き出す。

 

あとは相手の女の求めるものに合わせて自分のフェチや性癖を伝えて、
 

あたかもお互いの相性が良いことをアピールすることがここでの重要なポイントだ。

 

レベル4 ボディータッチ

下ネタで盛り上がったら、軽いノリでスキンシップを取ろう。
 

「出会い系セックスマスター」である管理人が使う絶対に拒否されない
 

ボディータッチテクニックが「手相見せて」と言って手を触る作戦だ。

 

女は占いが大好きな生き物なので、手相を見せてほしいと言って断られるようなことは120%無い。
 

この作戦を聞いて「俺は手相なんて見れない」と諦める必要はない。

 

なぜなら私も手相なんてこれっぽっちも見れないからであるw
 

なんとなくその場のノリで「モテ線がある」など女が喜びそうなことを
 

適当に言いながら「すごい手が綺麗だね」とすぐに話を変えればいいだけ。
 

そうすれば女はいくら手を触ったりしても嫌な気持ちにはならないものだ。

 

あとはこの良い流れに乗って次のレベルに移るべし。

 

レベル5 イチャイチャ

イチャイチャするところまで持っていくと聞くと難しいと思われがちだが、
 

実際にはそんなに難しくはない。

 

イチャイチャするとは言ってもレベル4の流れの延長にすぎないからだ。
 

前の段階で手を触るところまで持っていけたなら、
 

そこから手を握ったり絡ませる。
 

相手が嫌がらなければそのままテーブルの下でも足を絡ませていく。
 

座っている二人の距離を詰めて、いけそうならキス。

 

正直、キスまでできたらセックスまで行けたも同然だ。
 

サッカーで例えるなら全てのディフェンダーをかわして、ゴールキーパーと1対1のところまで来たと言える。
 

あとはゴールキーパーを出し抜き、セックスというゴールにシュートするだけだ。

 

必勝!女がその気になるホテルへの誘い方

デートのお店選びで外せない3つのポイント
先ほどお伝えした5つの流れをクリアしたあかつきには、もうセックスは目前だ。
 

最後の最後で帰られる..なんて最悪の事態にならないように。
 

女が思わずその気になるホテルへの誘い方をお教えしよう。

 

ラストミッション!終電を逃させろ

先ほどの女の心と股を開かせる手順を全てクリアできたら、残る問題はたった一つだけだ。
 

それは、終電である。
 

サッカーで例えるなら終電がゴールキーパーと言えるだろうw

 

ここまで全ての手順を実践し成功させたあなたは、全てのディフェンダーを振り切った状態だ。
 

最後に待ち構える終電という名のゴールキーパーをどう振りほどくか。

 

答えは簡単だ。理由はなんでもいいから終電を逃させる。それだけだ。
 

お店選びの時点で駅から遠い店にするもよし、イチャイチャ盛り上がった時点で時間を確認させない状況にして終電時間がすぎるのを待つもよし。
 

これで完全に憎きゴールキーパーを振り切れる。

 

あとはゴールめがけてシュートを放つだけだ。
 

終電がないということを言い訳にホテルに誘おう。
 

相手の女も「終電がなくなったからしょうがない」と
 

自分自身に言い訳ができると案外簡単に応じてくれるはずだ。

 

直球勝負!「もっと一緒にいたい」と言え!

以外に男性諸君が悩みがちなのが最後の一押しをどうすればいいか。
 

はっきり言おう、ここで迷ったり考える必要は1mmもない!
 

素直に「もっと一緒にいたい」と一言伝えるだけでいい。
 

回りくどい誘いは確実に女をしらけさせるものだ。

 

最後は男らしく思いっきりシュートを決めてくれ。

 

流れをクリアしてないと難しいので注意!

ここまで真面目に読んでくれる意識の高いあなたなら、
 

近い将来確実に出会い系を使ってセックスできることだろう。
 

最後になるが「出会い系セックスマスター」の管理人から1つだけ伝えたいことがある。

 

それは、あくまでこの作戦は全ての「流れ」を円滑にこなして初めて結果に繋がるものだ。
 

つまり、1つ1つ順を追ってミッションをクリアしなければならない。

 

きちんとクリアできていないのに無理やり結果を求めたところで、女の心も股も開くはずなどないのだ。
 

あくまでも1つずつ結果を積み重ねられた者にのみ、勝利の女神が微笑んでくれるということを忘れないで頑張ってほしい。