出会い系で女ウケの良いプロフィール設定
出会い系を使ってセフレをゲットするために絶対に手を抜いてはいけないのがプロフィール設定だ。
 

なぜなら、プロフィールは自分に興味を持ってくれるかどうかが決まる「入り口」のようなものである。

 

想像してほしい。自分が出会い系でセフレにできそうな女を探す時にプロフィールを見るとしよう。
 

・顔がはっきり見えない写真
・全く理解できないディープな趣味
・無愛想な紹介文

 
数多の女のプロフィールを見ている時に、果たして上記のようなプロフィールの女に目が止まるか?

 

答えは、NOだ!
 

自分が選ぶ側だとしたら、絶対にこんなプロフィールの女なんて選ばない。
 

逆もまた然りで、出会い系を使う女も、先ほどのようなプロフィールの男をいいと思うはずがないのだ。
 

そうならないように、ここでは出会い系で女ウケの良いプロフィールの設定のポイントを伝授する。

 


 

出会い系での自分の「プロフィール写真」

自分のプロフィール写真
自分のプロフィールを設定する際に、一番悩まされるのがプロフィール写真だ。
 

「自分の容姿に自信がない」

「顔を載せるのに不安がある」
 

など、プロフィール写真に抵抗がある男性は多いことだろう。

 

しかし、プロフィール写真があるのと無いのでは、セックスできる確率は大きく変わる。
 

逆の立場になって考えてみてほしい。
 

あなたはプロフィール写真の載っていない女と会いたいと思うだろうか?
 

セックスしたいと思うだろうか?

 

答えはどちらもNOだ。
 

普通に考えて怪しいと思うだろうし、何より写真を載せないということは相当のブスだろうと推測するだろう。
 

セフレに選ぶならプロフィール写真を見て可愛い子、自分の好みに近い女を選ぶはずだ。

 

つまり、女も同じように我々のことを精査している。
 

ここではそんな女からのチェックを受けても合格点をもらえるプロフィール写真のポイントを説明しよう。

 

プロフ写真の自撮りは絶対にNG!

想像してもらえばわかると思うが、自撮りはどうしてもナルシスト気味に見えてしまう。
 

決してそうではなかったとしても、プロフィール写真を見た女から「この人なんかナルシストっぽいからやめとこう」と思われてしまうのだ。
 

このようにマイナス効果しかないので自撮り写真だけは使わないようにしよう。

 

プロフ写真は何気ない感じで撮る

もしもプロフィール写真を自分で撮らなければいけない場合、オススメなのが「タイマー機能」を使って撮影すること。
 

テーブルや机の上にスマホを置いて撮影すれば、自然に撮影してもらったかのような雰囲気になるのでおすすめだ!

 

できれば「集合写真」をトリミングして使う

もしデータフォルダに友だちと一緒に撮った写真がある場合、その写真をトリミングして使うのも有効な手段だ。
 

友達がいるアピールにもなるし、みんなで撮っている写真は自然な表情で撮れていることが多く女子ウケがいい。
 

管理人自身、いつもこのパターンの写真をプロフィール写真に使用しているので間違いないだろう。
 

以上をまとめると、友達がとってくれた写真がベストである。

 

間違っても自撮り写真はしようしないこと。
 

誰かに撮ってもらえないのなら、タイマー機能を使って誰かに撮ってもらった風の写真を撮る。

 

理想は友だちと一緒に写っている写真を誰か友だちに撮ってもらい、トリミングして使うのがベストだ。
 

ぜひ、参考にしてみてくれ。

 

出会い系のプロフで設定する「趣味」

設定する趣味
プロフィールで力を入れるべきなのは、何も写真だけではない。
 

相手の女に興味を持ってもらうポイントとして重要なのが趣味の設定だ。
 

ここで素直に自分の趣味を書いたところで、女子ウケしない趣味であれば何のメリットにもならないし、下手をするとマイナスな印象を与えかねない。
 

ここでは出会い系で女子ウケする趣味のポイントをレクチャーしよう。

 

マンガ・アニメをとりあえず入れる

マンガ・アニメを趣味に書く最大の理由、それはメンヘラが釣れるからだ。
 

メンヘラという生き物はほぼ100%の確率でマンガ・アニメを好むので、共通の趣味を持つものとして仲良くなりやすい。

 

日頃から自分の趣味を周りの人間に理解されないメンヘラは、男で趣味が合うというだけで相当ポイントが高いと言える。
 

言わずもがな、メンヘラは最もセフレにしやすい人種なので抑えておいて損は無いだろう。

 

映画鑑賞か音楽鑑賞が無難

話のネタとして最も王道なのが映画鑑賞や音楽鑑賞である。
 

どんなに趣味のない人間でも好きな映画やアーティストの一つや二つはあるものだ。

 

とりあえずプロフィールに書いておけば話のネタにしやすいし、
 

「一緒に〜の映画を観に行こう」

「一緒に〜のライブに行こう」

 

など、デートにも繋げやすいのでおすすめだ。

 

クルマがあるならドライブ

地方に住んでいる人などでクルマを持っている人は、ドライブと書くのも有効と言える。
 

ほとんどの女がクルマを持っている男を好むのはもちろん、ドライブデートにも誘いやすい。
 

何よりドライブデートは、車内という名の個室デートになるので、親密な関係を築きやすいと言えるだろう。

 

ちなみに管理人もクルマを持っているので、出会い系のプロフィールには必ずドライブと書いているが、女からの食いつきがかなり良く、簡単にドライブデートに誘える。
 

ドライブデートにこぎ着けたら後はセックスまで簡単に持ち込むことができるのでオススメだ。

 

出会い系で女ウケの良い「自己紹介文」

設定する趣味
自己紹介文、これはいわば攻めのポイントではなく守りのポイントだ。
 

先ほどまでの「プロフィール写真」や「趣味設定」に関しては、女にウケるポイントをお伝えしてきた。

 

しかし、この「自己紹介文」で抑えてほしいポイントは、女にウケるというよりも女に悪印象を与えないこと。
 

得点を狙うのではなく失点を防ぐようなイメージで考えてほしい。
 

では詳しく説明していこう。

 

ガッついた感じで書かない

出会い系で良くいるアホな男の自己紹介文に、
 

「セフレ募集中」

「今すぐ会える人募集してます」

 

など、下心を丸出しにしたような残念極まりないものを目にする。
 

果たしてこのような低脳な文章が女ウケするだろうか?

 

このサイトをここまで読んでくれているなら答えは簡単にわかる筈だ。
 

女ウケなんてするわけがない。
 

側から見たらただの出会い厨でしかないし、性欲に飢えたモテないクズ男に認定されることだろう。

 

この自己紹介文ではこうした残念さを絶対に出さないように、ガツガツ行かないのが鉄則だ。

 

「友達募集」的な感じで「気さくさ」を出す

自己紹介文で押し出すべきポイントは、あくまで趣味の合う友だちを探しているという程にするのである。
 

先ほどもガッついてはいけないと口を酸っぱくしてお伝えしたが、女ウケするポイントとして絶対に覚えておいてほしいことがある。

 

それは、女はモテない男には魅力を感じない生き物だということ。
 

先ほどのように「セフレ募集」なんて書いてしまった日には、自分から「僕はモテない男で性欲を持て余してます」と言っているようなものである。

 

あくまで自己紹介文は守りのポイントなので、男としての余裕を感じさせるように「友だち募集」くらいのライトなノリで書いておくのがベストだ。

 

絵文字は使わないこと

ここまでは自己紹介文の内容について話してきたが、忘れがちな大事なポイントをお教えしよう。
 

それは、絵文字は絶対に使わないことだ。

 

文章に絵文字を使うと、どうしてもチャラさが出てしまう。
 

あろうことかハートの絵文字なんて多用してしまった場合、かなりの確率で「チャラくて不誠実な遊び人」の烙印を押されてしまうことだろう。

 

何度も言うが、自己紹介文は頑張る必要のないポイントだ。
 

シンプルに、当たり障りのない内容を心掛けてくれ。
 

以上が自己紹介文の抑えるべきポイントだ。

 

とにかくライトに。ガッツかない。
 

誠実さ、爽やかさを出すのが重要だということを覚えておいてくれ。

 

「自分で自己紹介文を考えるのが難しい」
 

そんな人のために、管理人自身も使っている絶対に外さない自己紹介文テンプレートを作成したので必要であれば使ってみてほしい。

 
【定型文の例】

「はじめまして★同じ趣味で話が盛り上がれる人と仲良くなれたら嬉しいです。
気軽に友達になりましょう。ディズニー好きです★」

好きな音楽:米津玄師、ワンオク、miwa
好きな映画:トイストーリー、モンスターズインク

 

大きなポイントは3つ!
 

1つ目は、好きな音楽に万人ウケするアーティストの名前を入れること。
 

特に米津玄師はサブカル系女子からメンヘラまで幅広い守備範囲の持ち主なので外せない。
 

他にも王道として入れておきたいのがワンオク。
 

嫌いな人や知らない人がほとんどいないので間違いない。
 

女性アーティストも一人は入れておきたいので、これも王道かつメンヘラの心も掴むmiwaがおすすめだ。

 

2つ目は、ディズニー好きアピールすること。
 

世の中の女の99%はディズニーが好きだ。
 

まるでウォルトディズニーに洗脳でもされているのかと疑うほど。
 

正直ディズニーの良さは良くわからないが、この女の心理を上手く利用すると、簡単に好感度が上がるのだ。
 

女という生き物はやたらディズニーシーやディズニーランドが好きでよく行きたがる。

 

しかし、大半の男はそこまでディズニーが好きではないので乗り気にならない。
 

無理に行ったところで「疲れた」「帰りたい」など楽しい空気を台無しにする空気を醸し出してしまう。
 

そんなディズニーデートを満足に楽しめていない女子に対して、ディズニー好きをアピールし、一緒にディズニーを楽しめる友だちを募集していると言う。
 

これだけで女ウケすることは間違いないだろう。

 

3つ目は、好きな映画もディズニーと書くこと。
 

先ほども説明したようにディズニーは女子ウケが間違いないし、定期的に新作映画が公開されるためデートの口実にも使いやすいのでおすすめだ。

 

出会い系で女ウケが良い「職業・年収」

職業・年収
出会い系のプロフィールを設定する上で、意外と頭を悩ませるのが「職業・年収」の欄だ。
 

どんな職業にすれば女ウケするのか、本当の年収を書いたら低いと思われて相手にされないのではないか、など。
 

ここでは、そんな悩みのタネである出会い系プロフィールの外さない「職業・年収」について説明したい。

 

まずはじめに言っておきたいのが、自分の職業はウソをつかずに言ってOKだ。
 

ここを変に取り繕うと、仕事の話になったときに確実にボロが出てしまう。
 

よっぽど怪しい仕事でもしていない限りは、ありのままの自分の仕事を伝えよう。

 

年収に関して言えば、正直な自分の年収が低いと女から相手にされない可能性があるのは否めない。
 

なので、年収500~600万円くらいに言っておくのがベスト。
 

これくらいあれば女から年収が低いとは思われないはずだ。

 

逆にこれ以上高く設定しても金目当てのクソ女が寄ってきたり、デートで行くお店選びのハードルが上がるのでおすすめできない。

 

ここまで真面目に読んでくれたあなたに、管理人の㊙︎テクニックをお教えしよう。
 

それは職業に整体師・マッサージ師と書くことだ。
 

なぜだかわかるだろうか?
 

正解は、マッサージという名目で簡単に女に触れるからである。

 

「マッサージしてあげるよ」と言われて嫌がる人はそうそういない。
 

ましてや相手がマッサージのプロであるなら尚更だ。

 

このマッサージ師という最強の設定を使えばデートで会った時に簡単にボディータッチできるし、あわよくば家でマッサージしてあげると言って自宅に連れ込むこともできる。
 

なる早でセックスがしたくて、多少のマッサージスキルがある人には是非とも試していただきたい。